商品カテゴリー

  • プラモデル
  • ラジコン
  • 鉄道模型
  • GUN
  • ミニカー
  • フィギュア/トイ
  • 開業支援パック
  • 什器・包装品・販促物
  • 会社概要

2018年7月の定休日
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2018年8月の定休日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
 

30618 1/10 電動ラジオコントロール 4WDレーシングバギー ジャベリン

商品説明

最強伝説再び……
ジャベリン。それは、頂点を極めるためのマシン

そのコンセプトは“頂点を極めるためのマシン”——。最強の戦闘力と高い信頼性を獲得するべく開発され、1986年に発売した電動オフロードカーの純競技モデル『ジャベリン』が、30年以上の時を経てビンテージシリーズ第6弾として復刻を遂げました。その当時、1/8エンジンバギー界にランドジャンプが斬新なアルミ製パイプフレームボディを先駆けして人気を博したが、さらにスタイリッシュかつ樹脂製で軽量に仕上げられたパイプフレームは見事なまでに進化を遂げて完成度が高いと評されたダブルウイッシュボーン方式サスペンションをはじめ、ナローにまとまったバックボーン形式スキッドフレーム、理想的なジオメトリーによる広角ステアリングアングル、そして、ジャベリンの最大の特徴でもあるコンパートメントハウスにシールドされた4WDチェーンシステムは当時のイメージのまま再現。もちろん、これまでのビンテージシリーズと同様に現代のパワーソースに対応するためのブラッシュアップも実施。駆動系の中枢であるギヤ系はスリッパー機能を搭載したカウンターギヤを採用し、負荷がかかるファイナルギヤ一体リヤデフケースは金属製として強度をアップ。ギヤのモジュールもより細やかで駆動ロスが低減される48ピッチを採用し、材質をナイロンと焼結合金で使い分けることで駆動効率の向上と走行時の高い静粛性を両立。駆動方式もチェーン方式に加え、当時はオプションだったベルト方式の2種類から選べるようになっています。また、当時のデザインを再現したアルミダンパーも大径化によってポテンシャルをアップ。ロングストロークのサスペンションと相まって、高い走行安定性を実現。ノスタルジックなテイストと現行モデルと同等のメカニズムが共存するジャベリンで、オフロードの楽しさを再発見してみませんか?


●オリジナルのジャベリンを忠実に再現しつつ、昨今のパワーソースに対応するべく各部をアップグレード。
●アルミインナーロールバーは材質の見直しと厚みの変更で耐久性が大幅にアップ。
●新規ウイングステーはオプティマにも対応(一部ボディカットが必要)。
●高いダウンフォースを発生するリヤウイングはシャシーに固定するスタイルに変更。台座となるパーツも、より強固に固定できるようにインサートナットを採用するこだわりよう。
●ボディとウイングは当時と同じラインナップのパステルグリーンと蛍光イエローに加え、新色のホワイトをオプションで同時発売。さらに、レッドとブラックも発売予定(2018年5月)。
●ロールバー前方のアルミプレートはナイロンベルトでの固定からネジによる固定に変更して、よりスタイリッシュに。
●シンプルかつ高剛性のアルミバックボーン形式シャシー。
●駆動方式は一世を風靡したコンパートメント4WDチェーン方式と、後にオプションとして発売した4WDベルト方式の2種類から選択可能。
●各社ESCが搭載できるFRP製メカプレート。
●ホイールは当時のスタイリッシュなデザインはそのままに1ピース化により軽量化を実現。
●フルボールベアリング18個使用。(チェーン仕様は16個使用)
●ビス類は基本的には確実な締め付けができて作業性も高いヘックスタイプを採用。
●別体式ヘルメットとポリカーボネート製胴体が付属。
●現行のさまざまなバッテリーに対応可能なバッテリーステーは面ファスナー(KYOSHOロゴプリント付バッテリーストラップが付属)でバッテリーの着脱もイージー。
●金属製のカウンターギヤを装備。

30618 1/10 電動ラジオコントロール 4WDレーシングバギー ジャベリン

30618 1/10 電動ラジオコントロール 4WDレーシングバギー ジャベリン

JANコード:4548565329021
定価:44,000円
このページのTOPへ
Copyright(C)2011-2018 TOKAI MOKEI All rights reserved.